カテゴリ:競走馬ファンド( 10 )

2勝目

いやー、まじで?
2番人気って時点でちょっと人気杉やと思ったんやけど。

確かに展開に恵まれたし、メンバーにも恵まれたし。
タイム自体は平凡なんやけど。

でもでも、5ヵ月半の休養明けで、明らかに追い不足だったと思うんだが。
勝っちゃった。


函館開催でもう1勝、なんて期待しちゃう!
ワクワクしちゃう!
できればしばらくは藤田師匠で…

これから祝勝会で焼肉に行って来ます。
by tomokin_koharu | 2007-07-07 15:53 | 競走馬ファンド

レグナムが出走します

久々に競馬の話。
明日、函館でレグナムが5ヶ月ぶりの出走です。
9R・3歳以上500万円以下 1200m 芝。

久々に藤田師匠を乗っけて走ります。
ブックの印もさすがに△だらけ。

休養明けやし、初の古馬との対戦やし。
てか明らかに追い不足やけど。


それにしても懐かしいねぇ。
レグナムが勝った1月27日に、勝子の種付けをしたんだよなぁ。


とりあえず無事に。
ついでにちょこっと札束をくわえて帰ってきて。
by tomokin_koharu | 2007-07-06 23:54 | 競走馬ファンド

GOOD NEWS

レグナム、勝ちましたねぇ。
クラスが上がると、これまでみたいに小銭稼ぎができなくなるかもしれませんが。
でもうれしい。

山内先生ありがとう。
これからもゴリゴリ走らせてください。
by tomokin_koharu | 2007-01-27 23:59 | 競走馬ファンド

必勝

あ、今日は丸ごと競馬の話です。



a0050348_21114957.jpg

明日、レグナムが小倉2R・芝1200mに出走です。
9月下旬のデビューから4ヶ月間ですでに9戦目。
球児もびっくりのハイペースです。
これまで8戦で2着5回・3着3回。
そろそろ…勝ってもいいんじゃないかと。


さて、明け3歳世代は他にも2頭出資してます。

a0050348_21163423.jpg
シルクストラーダ。
父ブライアンズタイム。
脚元がもうひとつな状態が続き入厩が遅れましたが、明日やっとこさ中村均厩舎に。



a0050348_21232992.jpgこれ、ストラーダの0歳時の写真。

この馬体に惚れて購入してから2年以上…
長かった。
無事デビューしてほしいなぁ。





a0050348_21245938.jpgこっちはシルクルーブル。
父フレンチデピュティ。

ボーンシストって病気で、一時はデビューさえ危ぶまれましたが、ようやく育成牧場で13-13くらいのペースで追えるようになってきました。
ボチボチ入厩かな。



明日は10時20分発走。
馬のことを考えると、やっぱり土日に休める仕事がええなぁ、とちょっと思います。
by tomokin_koharu | 2007-01-26 21:34 | 競走馬ファンド

日帰り京都遠征記 前編

午前0時19分、妻からメール。
なんと準夜がこの時間に終わったと。

早い…この時間やったら、妻が一度戻ってきて、仮眠を取ってからでも十分間に合うんちゃうか、と思いましたが…まあ早めに行っておくにこしたことはないので、爆睡中の亮介氏をプジに乗っけて0時30分過ぎに出発。
病院で妻を拾ったのが0時50分。

真夜中の高速を運転してると、思い出すのはやっぱり亮介が生まれた日の高知→倉吉ドライブ。
あの時ほど飛ばしたわけじゃないけど、130km前後で走ってたら、午前4時ごろには名神高速の桂PAに到着。
ここで覚醒した亮介氏、目覚めにブピリとウンコちゃん。

しかしどうしよう…まだ午前4時やし。

とりあえず淀へ。
当然京都競馬場がまだあいてるわけが無い。
近所のジョイフルで午前5時前から朝飯。

携帯でブログをチェックすると、リリー氏が藤森神社を推奨してくれてる。
時間もありまくりだったので、行ってみました。
a0050348_9563020.jpg勝運と学問の神様として、調教師とか騎手が参拝することが多いんやって。

しかし早朝やというのに、境内にはおじいおばあがぞろぞろ。
すごい熱気。

a0050348_9582162.jpg境内にはフジヤマケンザンやらファレノプシスやらの絵がいっぱい飾ってありました。

a0050348_1001983.jpg絵馬も面白かった。
『今年こそ超万馬券ゲット!』
とか
『騎手養成課程の試験に合格しますように…』
とか。


で、暇やったからほとんど全部の絵馬を見てたら…すごいものを発見。
すみっこの奥の方に…
『必勝 凱旋門賞   武豊』






ま、それはウソやけど。

で、午前6時半を過ぎるとおじいおばあの数がぐんと増える。
一体なんなんだ、と思ったら。
a0050348_1052079.jpg
境内でラジオ体操開始!


a0050348_1062861.jpgそして、プジの後部座席で窮屈な姿勢で寝ていた妻もラジオ体操参加。

早朝、神社の綺麗な空気を吸って体を伸ばしたら、気持ちいいよね。

藤森神社…面白かったわ。
今度は宝物殿があいてる時間にもう一度来よう。

で、レグナムの出走は10時30分なわけで。
ラジオ体操をしたところで、まだまだ時間があるわけで。

a0050348_1094927.jpgもうちょっと足を伸ばして、伏見稲荷大社にも参拝してきました。

大阪生まれの大阪育ちなんですが、伏見稲荷は始めての参拝。
神社好きの小生、好きなのは、もろ古代日本を感じさせてくれるタイプの神社なんですが。
お稲荷さんのこのド派手な感じも新鮮でいいよね。

真っ赤な鳥居を見て目が覚めました。


そうこうしてるうちにいよいよ京都競馬場の開門時間が近づいてきました。
いよいよ勝負の時!





↓後編へつづく、その前にクリックをひとつ。
by tomokin_koharu | 2006-10-09 10:55 | 競走馬ファンド

日帰り京都遠征記 後編

a0050348_1021756.jpgで、京都競馬場。

あ、今回の旅で最も後悔したこと。
本当に馬鹿だと思うんですが、小生、半袖で来てしまって。
周りを見回しても、半袖の人ってほとんどおらんし。
たまにおっても、
『あ、この人、学生時代友達ほとんどおらんかったんやろなぁ…』って雰囲気をぷんぷん漂わせてる感じの人やし。

しかも、自分だけならまだしも、亮介氏も半袖で連れてきてしまって、結局競馬場では終始タオルでくるんで過ごすことになりました。
反省。


場内でtanaka.net氏夫妻と合流。
前日に急遽連絡して、予定を変更して来てもらいました。


a0050348_1028837.jpg
パドックにて、初めての生レグナム。
ピンクのメンコに光り輝く山内家の家紋。

何度見ても思うけど、サラブレッドって、なんであんなに美しいんだろう。


a0050348_10341349.jpgいろいろ迷いましたが、結局馬券はレグナムの単勝3万円。

a0050348_10372899.jpg倍率は4倍ちょっと。
ということは、数分後には我々は12万円を入手することになるのか。

嬉しすぎる、嬉しすぎるぞリョウスケ~!!!



















a0050348_10385995.jpg約1分後。

はぁ~


a0050348_10412037.jpgとりあえず芝生の上でちょっと早めの昼飯でも…

ってことで吉牛2つ、買おうと思ったら…
すでに小生と妻の所持金は合計1100円。

京都競馬場の吉野家は、大盛しか売ってないんです。
大盛1杯650円。


仕方なく夫婦で牛丼をわけわけ。


a0050348_10441657.jpg
ま、いいよ。
空は青かったし。
息子の笑顔がかわいいし。
となりで妻は牛丼をがっついてるし。

人生にそれ以上の意味なんて無いよね。


兎に角面白かった。
1晩寝ることをガマンしたら、これだけのことができるんやな、ってことがわかりました。
小生の財布から諭吉3人が旅立って行ったけど、また今度、JRAに引き出しに来たらええだけのことやし。
このあと、ついでに川西の実家に顔を出し、亮介氏を抱っこしてもらったら、あ~ら不思議、ひいおばあさまから一葉ちゃん、おばあさまから諭吉くんが小生の財布に戻ってきましたとさ。

おしまい。



↓家に帰って『ただいま~』って言うまでが遠足です。
by tomokin_koharu | 2006-10-09 10:54 | 競走馬ファンド

そうだ 京都、行こう

あ、妻が『うちは子育てブログ』とか言ってますけど、それ、ウソですから。

いや、もちろん育休中は、自分の子育ての記録が中心にはなりますけど。
もうちょっとくだらないことも自由に書きたいじゃないですか。
ランキングに参加して以来、子育て以外の記事は若干ガマンしてた部分もあったんですが…
良く考えたら、これ、自分の日記やな、と思いまして。

ま、『自由に書きたいこと』が、オパーイとかセクースとかジャイアントセコイアとか…そんなことしか浮かんでこない32歳男性。
改めてヨロシクお願いします。

でねでね、小生の趣味は競馬でして。
馬券は最近、ほとんど購入してないのですが、競走馬ファンドに出資するのが楽しくて。
いわゆる一口馬主ってやつです。

小生が出資しているオウマサンは現在5頭。
そのうちの1頭、シルクレグナム。
a0050348_216454.jpg
牡2歳  父 クロコルージュ   母 ドリーバード  母の父 スリルショー

血統だけなら、まず購入しないでしょう。
でもね、山内厩舎に入る予定だったんです。

もう11年ほどシルクで馬を買い続けて。
馬の見方なんてまるでわからない小生ですが、ひとつだけわかったことがあります。
シルクが山内に預けた馬は、本気。

購入の理由の9割がそこ。
あとは馬体?
まあこれは好みの問題やけど、小生はムキムキの馬が好きなんですよ。

先日、9月24日に中京でデビュー。
もともと右にもたれるクセがあるとかで、左回りが不安視されてたんですが…まずまずがんばって3着。

今回は、右回りの京都。
調教でも坂路で馬なり52秒台。

多分、勝つね。
いや、普通に勝つわ。
てか、絶対勝つなぁ。

妻は本日準夜。月曜は早出。
うーん、準夜明けに京都日帰りツアーか…
無理がある。
かなり無理がある。

でもね、勝つねん。
明日。
だから、思い切って京都遠征を提案してみました。
そしたら、即答でした。

『うん、いいねぇ』

ほんと、あの瞬間、妻から後光がさしてましたね。
つねづねいい女と結婚した、と感謝してるんやけど…本当にありがとう。
ひょっとしたらアガペーという言葉は君のためにあるんじゃないのだろうか?

ということで日帰り京都競馬場ツアー決定。
しかし…先立つものがないなぁ…と思って部屋を見回したら…

a0050348_21191551.jpgあったんですよ。
再来週、同僚の披露宴のために用意してたご祝儀が。

ノンタン、ごめん。
もしレグナムが負けたら、披露宴は欠席します。

あ、でも多分絶対勝つから大丈夫。


a0050348_2122213.jpg

とりあえず妻が何時に仕事を終えるのか、が問題で。
もし明け方まで残業してると、京都行きは非常に厳しくなるのですが。

できれば午前3時頃には終わって欲しい。
あ、レースは明日午前10時30分スタートなんですよ。
早起きに備えて、今日は亮介氏も午後7時過ぎに寝かしつけました。


よし、あとはJRA銀行京都支店に、これまであずけてきたお金を引き出しに行くだけや!



↓ランキングもね…1月までは継続しようとは思ってるんですけど。
by tomokin_koharu | 2006-10-07 22:00 | 競走馬ファンド

久々にオウマサンの話題を。

小生がシルクホースクラブで毎年1頭ずつ出資しつづけて早10年…
現在は2歳馬1頭(シルキーイリス)・1歳馬3頭に出資中です。
血統は、基本的にブライアンズタイムを追いかけてきました。でっかい一発を狙って。
シルキーイリスのひとつ上の世代(現3歳)ではシルクポテンシャルというオウマサンに出資していました。
a0050348_8415664.jpg

父:ブライアンズタイム 母:アナボタフォゴ 母の父:ダンチヒ
グラスワンダーの母と全姉妹の母に、ロベルト系のブライアンズタイムという、何かを期待させる配合。
厩舎も尾形充で期待はでかかったんですが、成績は以下の通り。

2004年 9月25日  2歳新馬   (中山芝1600m) 16頭立て13着 
2004年10月16日  2歳未勝利 (東京芝1800m)  12頭立て11着
2005年 3月 5日  3歳未勝利 (中山ダ1800m)  12頭立て11着
2005年 8月28日  3歳未勝利 (新潟ダ1800m)  15頭立て9着
2005年 9月11日  3歳未勝利 (中山ダ1800m)  16頭立て10着

…で、9月16日に中央競馬の登録を抹消。
岩手競馬に移籍となりました。

その後ですよ!
すでに出資金の精算も済んで、小生とは利害関係の無くなったオウマサンですが、やはりその後の動向も気になるのが一口オーナーの性。

岩手競馬のホームページを開いてみると…
2005年10月22日 C3 (盛岡ダ1200m) 10頭立て1着
2005年11月 6日 C3 (盛岡ダ1200m) 10頭立て1着
2005年11月21日 C3 (水沢ダ1300m) 10頭立て1着
2005年12月 4日 C3 (水沢ダ1400m) 10頭立て1着

…なんと破竹の4連勝ですよ!ジョッキーは菅原勲!
もちろん地方競馬のC3ってことは小生も自覚しておりますが。
でもちょっとうれしいですよね。
これからもがんばってほしいなあ。
by tomokin_koharu | 2005-12-10 08:44 | 競走馬ファンド

カリカリ…カリだからー!(オウマサン)

あ、ごめんなさい。ウマの話です。
11月21日付
シルキーイリス  [父タバスコキャット:母ロビースレインボウ]
フジワラファーム万世でダク1,200mとキャンター2,400mの調整です。状態に変わり無く乗り込んで、だいぶトモに筋肉も付いてきていますが、屋外の坂路コースでは気性的にまだカリカリしてしまう為、もう暫くこのまま屋内馬場中心に進めながら、馬に落ち着きを出すように工夫していく事になっています。    by SILK HORSE CLUB web


あ、興味ない人、ごめんなさい。
特に携帯で観てる方、すんません。
これからタイトルだけですっと飛ばせるように(オウマサン)マークをつけときますね。
by tomokin_koharu | 2005-11-22 23:59 | 競走馬ファンド

シルキーイリス

以前にも書いたことがありますが、小生の趣味は
①休日の引きこもりライフ
②掃除洗濯
③競馬、です。

①と②については看板に掲げている『子育て日記』に絡むことも多いのでしばしばエピソードを披露する機会も多いのですが、③については殆ど触れませんでした。
でもカテゴリーだけは作ってたんですよ。
いつか載せたいと思って。

ややマニアックな話題になりますので(小生の予想では、現在の読者でこの記事を楽しんでもらえるのはおそらく3~4人…)、興味ない人は飛ばしてください。

小生は現在、2歳馬1頭、1歳馬3頭に出資しています。全馬、シルクホースクラブです。
本日はまず、2歳牝馬のシルキーイリスの解説です。

a0050348_231282.jpg















馬名 シルキーイリス(Silky Iris)
シルキー(Silky)は冠名、
イリス(Iris)はギリシャ神話の虹の神。
生年月日 平成15年3月13日
生産者 ヤマオカ牧場
総額 20,000,000円
所属:栗東・鮫島一歩厩舎


父*タバスコキャット Tabasco Cat は米8勝,ベルモントS-G1(D12F),プリークネスS-
G1(D9.5F),サンラファエルS-G2(D8F),エルカミノリアルダービー-G3(D8.5F),
ブリーダーズCクラシック-G1(D10F)2着,サンタアニタダービー-G1(D9F)2着,ジムダ
ンディS-G2(D9F)2着,ブリーダーズCジュベナイル-G1(D8.5F)3着,トラヴァーズS-
G1(D10F)3着,ジョッキークラブゴールドC-G1(D10F)4着。

母*ロビースレインボウ Robbies Rainbowは英国産,英1勝。本馬は第8仔。
産駒
  (96 牡 芦 オグリキャップ)不出走
  リタンオブハピネス(97 牝 芦 ビワタケヒデ)1勝,後関東(公)1勝
  リターンオブラブ(98 牝 鹿 *コマンダーインチーフ)1勝
  アモーレペガサス(99 牝 鹿 メジロライアン)1勝
  ペルル(00 牝 鹿 *コマンダーインチーフ)1勝,(現)
  コスモサンビーム(01 牡 青鹿 *ザグレブ)最優秀2歳牡馬,4勝,朝日杯フ
  | ューチュリティーS-G1(芝1600m),京王杯2歳S-G2(芝1400m,2歳レ
  | コード),ききょうS(芝1400m),NHKマイルC-G12着,小倉2歳S-
  | G32着,皐月賞-G14着,スプリングS-G25着,(現)
  (02 牝 黒鹿 *コマンダーインチーフ)
祖母メアリーマーティン Mary Martinは不出走。産駒
  マリーナパーク Marina Park:英米8勝,プリンセスマーガレットS-G3,ラ
  | スシェネガスBCH-G3,ミルリーフS-G22着,ダイアデムS-G32着,
  | モルニ賞-G13着
  マリアカプチーニ Maria Cappuccini:英2勝,産駒
    ナリーム Nareem:南アフリカ3勝,イースタンプロヴァンスブリーダースS
     2着
三代母センターピース Center Piece:は英4戦。産駒
  グリーンランドパーク Greenland Park:英5勝,クイーンメアリーS-G2,コ
  | ーンウォリスS-G3,モールクームS-G3。産駒
  | フィトナ Fitnah:仏6勝,サンタラリ賞-G1,ヴァントー賞-G3,ノネット
  | | 賞-G3,プランスドランジュ賞-G3。ダブルパーク Double Park(サン
  | | タアニタオークス-G13着)の祖母,カクラスリッジ Cactus Ridge(アー
  | | リントンワシントンフューチュリティ-G3)の三代母
  | ナウェイト Nawaiet:仏1勝。ノーイクスキューズニーデイト No Excuse Nee
  |   ded(クイーンアンS-G2)の母
  レッドサンセット Red Sunset:英2勝,コヴェントリーS-G2。種牡馬
  カラマリー Calamarie:英1勝。産駒
    マンクスパーク Manx Park:オセアニア入着。ティアス Tierce(STCゴール
      デンスリッパーS-G1),ウイングドプレイヤー Winged Prayer(AJCア
      ナリーH-L)の母


- 募集時のコメント -

03年JRA2歳チャンピオンのコスモサンビームを兄に持ち、母の姉は英2歳重賞勝馬。祖母の兄も2歳重賞の勝馬で近親には豪州の2歳チャンピオン決定戦のゴールデンスリッパーSの勝馬がいる一族です。父は米2冠馬で日本での初年度産駒デビューを目前に04年春、死亡してしまいましたが海外では仕上がりの早さとスピードを武器に多くの活躍馬を出しています。両親譲りのスピードで大いに楽しませてくれそうです。
本馬は兄にG1馬を持つだけあって、馬体のバランスや筋肉の発達なども申し分ありません。特に皮膚の良さは父の1歳時を上回っていると思います。脚元もしっかりとして動きも柔らかく、きっと期待に応えてくれるでしょう。



…ってことだったんですがねえ。
クラブのレポートをちょっと紹介しましょうか。
平成17年 9月 6日
フジワラファーム万世でダク2,400mとキャンター1,200mの調整です。屋内コース中心にじっくり乗り込みながら、軽く坂路も入れていますが、まだ全体的にペースは軽めとなっており、牧場スタッフは、一時馬体が細くなって、トモの肉も落ちてしまったので、えん麦と油をやや多めにして無駄肉を付ける事にした。1頭だとそうでも無いが、他馬と一緒だと怖がりな面があって、予想外の動きをして馬体に負担が掛かっている。確認した調教師からも、このまま焦らず馬の状態に合わせて進めていく様に指示を受けている、と話しています。


…メンタルにかなり問題を抱えてるみたいで。
最新情報はこんな感じ。
平成17年11月15日
フジワラファーム万世でダク1,200mとキャンター2,400mの調整です。体調面に変わり無く休まず乗り込むと、トモにだいぶ筋肉が付いてしっかりしてきていますが、気性的に屋内だと落ち着いて走れるものの、屋外の坂路に出すと、馬がカリカリしてしまう為、もう暫く屋内コース中心に進めていく事になっています。


まずは入厩させてもらうことが目標ですかね…
他の3頭についても順次画像・血統を載せてゆく予定です。
by tomokin_koharu | 2005-11-19 23:37 | 競走馬ファンド