カテゴリ:旅行記( 17 )

室戸貫歩 こぼれ話

いやぁ今日の仕事はきつかった…
一緒に歩いたメンバー4人全員出勤やったんやけど。
みんな破行出まくり。
まあPTとして、担当患者の前で変な歩き方するというのは非常に恥ずべきことなんですが。
とりあえず全員体調も崩さず出勤できてよかったよかった。

さて、そんな室戸貫歩。
みなさんにはリアルタイム更新で楽しんでいただいたわけですが。
あれって大変だったんですよ。
もんのすごい疲れて、ようやく休憩できる時に、写真を撮って一言コメント。
まあ、でもその甲斐あって、さっき初めてパソコンでチェックしましたけど、臨場感があって良いよね。
応援のコメントもありがとうございました。


今日は改めて振り返って、ちょこっと書き留めておきたいことを追加しておきます。


①看板の距離表示には気をつけろ
晩飯は安芸の得得うどんと決めてたんです。
何となく、去年も得得うどんだったから。
安芸っつったら、ちょうど40kmくらい歩いて、腹も減って、つらいところですわ。
まだか…まだか…
と思いながら歩いてたら、道路わきに『得得うどんあと1km』って看板が!
ところがね、そこから歩いても歩いても得得うどんが現れない。
結局そこから確実に2kmは歩いたね。
絶対。
そりゃあね、国道沿いの看板は車を運転してる人間を対象としてることは分かりますよ。
1kmっていうのは、もうすぐそこですねん、っていうニュアンスを表現したものやと思うねん。
自動車やったら1kmも2kmもそう変わらんしね。
でもね、歩いてる人間にとっては非常にでかい。でかすぎる。
今度、絶対調べに行ってやる。
絶対1kmやないと思う。

もう一つ。
室戸市に入ってすぐの国道沿い。
室戸の観光協会かなんかが作ったような雰囲気のでっかい木製の看板。
でっかく『室戸岬まで22km』と書いてある。
そこから45分ほど歩いたかな。
今度は国道の行き先表示用の青い看板。
あと22kmの表示を見てから、確実に3kmは歩いたはず。
楽しみにして看板を見上げると…
『室戸岬21km』

…わしゃ泳いでも泳いでも、オカンがちょっとずつ後ずさりしてるもんで、気付いたらうんと長い距離を泳いでる小学生かと。




②バーデハウス室戸の送迎バスには気をつけろ
去年は妻に迎えに来てもらって帰宅したんですけど。
今年は帰りの足が無い。
で、バーデハウス室戸の利用者用に、マイクロバスが走ってる。
それに乗って、奈半利まで。
奈半利からはごめんなはり線で高知へもどることにしたんです。
夕方、マイクロバス乗車。
そしたら、バスの運転がもんのすごい荒い。めちゃめちゃ飛ばす。
奈半利の駅が近づいてきたら、
『おい、兄ちゃんら、汽車乗るんやろ?時間的に、間に合うかどうか微妙やで!』
って焦り気味。
『多分5時ちょうどに発車やから…駅ついたら走りよ!それを逃したらしばらく次の便は無いき』
と。
徹夜で85km歩いた後ですよ。
ボロボロですよ。
牛乳拭いた雑巾みたいなもんですよ。ボキたち。
でもね、走らんといかん雰囲気だったんですよ。
で、駅に着いたのが4時59分。
バス降りて、40段くらいあると思われるホームへの階段を必死でダッシュ!
5時ちょうどに汽車に滑り込む。
『ふぅ~ぎりぎり間に合ったなぁ。』
なんて喜んでたら。
汽車の出発は5時13分でした…

いや、まあ、ね、よかれと思ってやということは承知の上で。
やっぱり走るのはつらかったぞ、と。




③24時間歩き通したことの意味とは
去年初めて室戸まで歩いたとき。
きっと、歩ききった先には、何か素晴らしい瞬間が待っているものだと思い込んでいたんですね。
例の偽善番組の影響も強かったのかもしれませんが。
きっと感動的なゴールがあって、次の日からの人生で何かが変わるような体験じゃないか、って。
でもね、全然そんなこと無いんですよ。
ただしんどいだけ。
ああ、これでもう歩かんでええんやな、って、ただそれだけ。
ひたすら歩くなんて、ただそれだけのこと。
それ以上の意味なんて全くない。

今年もね、新人達には事前に言っておきました。
歩き通した先に何かがあるなんて絶対思いなや。
本当に何も無いから。
と。

で、今年は雨に降られてものすごいシビアなコンディションの中歩き通したんですけどね。
バーデハウスで汗を流して、飯を食って、ちょっと落ち着いたところで新人達に感想を聞いてみました。
感想はね、
『もう、これで歩かんでええんですね…』
でした。

まあみなさんもチャンスがあったらいっぺんやってみて。
ほんと、それ以上でも以下でもなく、ただしんどいだけです。








来年は…転職先の病院の新人を誘ってどこかで歩いてみようかな。
by tomokin_koharu | 2007-10-02 23:44 | 旅行記

到着!

a0050348_11471250.jpg

113903歩
24時間25分。
by tomokin_koharu | 2007-10-01 11:47 | 旅行記

あと…

a0050348_9481565.jpg

105139歩
岬まではもうちょっとあるね
by tomokin_koharu | 2007-10-01 09:48 | 旅行記

日本って、やっぱどう考えても神の国だよね。

行ってきました。伊勢神宮に。
小生はこれで神宮参拝は6度目なんですけど。
これまで御垣内参拝はしたことが無かったんです。
今日はじめてあの垣の内側に入ってみたんですけど…
すごかったです。

a0050348_19353047.jpg
どう表現したらええんやろ?
なんか、本殿に正対した瞬間、自分が丸裸にされたような感覚でした。
ああ、天照大神は確かにここにおわすのだなぁ…と思いました。
まじで。
あ、あんまりこんな話をするとやばい人と思われるかもしれないのでこれくらいにしておきますが…
まあこのブログ読んでる人も、今後伊勢神宮に参拝する機会があったら是非御垣内参拝してみてください。
男性はスーツ・女性はそれに準じた服装でないと垣の内側には入れませんので気をつけてくださいね。


しかしやっぱり伊勢は遠いね。
結構飛ばしたけど、3時間ちょいかかるし。
名阪国道は運転するの命がけやし。


a0050348_19373760.jpg
あ、これ、伊勢うどんを食てる亮介氏。
最近は讃岐うどんブームで、こしのあるうどんばっかり食べてたけど、伊勢うどんみたいなふわふわした食感もいいねぇ。
亮介氏もたいそう気に入った様子でした。

締めはお約束の赤福氷
これ、本当に美味しいんですよね。

また動画は高知に帰ってからアップしますね。
by tomokin_koharu | 2007-05-14 19:44 | 旅行記

室戸完歩 写真集

a0050348_18402655.jpg11月1日午前9時15分、桂浜を出発。
めっちゃええ天気で、Tシャツでスタート。


基本的に、50分間で4km前進し、10分間の休憩、を繰り返す予定でした。
で、桂浜から室戸岬までは85km。
ということは、道中に20回前後の休憩があるということ。


でね、考えたんです。
85km歩くということがどういうことか。
このブログで最も端的に伝える方法は…

休憩ごとのやかんの顔を撮影して並べたら、どれだけ疲労が蓄積されてゆくかがわかりやすいんじゃないか、と。
で、以下、やかんの表情の変化を中心に、今回の旅を振り返ってみたいと思うわけです。


a0050348_18574151.jpgこれ、最初の休憩。
10時10分。
まだ桂浜から4kmで、5984歩。

a0050348_1903395.jpg2回目の休憩。
11時7分。
ほか弁のドーナツをほおばる。
11333歩。

a0050348_1932685.jpg3回目の休憩。
12時2分。
16022歩。

ここでやかんが妙なことを言い出しました。
『微妙に下半身だけに疲労がたまりつつある感じ。バランス取るために、休憩ごとに腕立てするわ』


a0050348_19759100.jpg

…ここから、休憩ごとに30回の腕立て伏せが始まりました。


a0050348_19111373.jpg12時21分、
『野焼きの炎が歩道にまではみ出してきてるで…』

って記念撮影したら。

a0050348_19124173.jpg
すぐに消防車が来て消火活動開始。
…火事やったみたい。

a0050348_19284275.jpg4回目の休憩。
13時3分。
21510歩。

ものすごい速度の腕立てです。
ちなみに連続での腕立ては200回くらいが限界だとか。

a0050348_1932363.jpgヤ・シィパークにて5回目の休憩。
14時27分。
33552歩。

このあたりまでは小生も余裕でした。

『もし室戸まで行っても、そんなに疲れてなかったらどうする?あんまり感動できんでねぇ?』
なんていってた自分を、グーで殴ってやりたい。

a0050348_19355189.jpg6回目の休憩。
16時8分。
41236歩。

下肢のあちこちの筋肉が痛みはじめる。
特に腸腰筋・足底筋腱など。


a0050348_19382785.jpg

海沿いの歩行者専用道路を歩いてると、お遍路さんのための休憩所がありました。
おにんぎょさんと、ハイチーズ。
思えばこのころはまだまだ余裕があった。


a0050348_19404645.jpg7回目の休憩。
17時10分。
45754歩。

ちょっとずつ口数が少なくなってくる。
やっくんの目玉があやしく光りはじめる。


a0050348_19462671.jpg8回目の休憩。
18時25分。
52171歩。
スタートからほぼ40km地点。

得得うどん、うまかった。

このころから、10分の休憩後、歩き始めに下肢の筋肉が激痛を発しはじめる。

5~10分程度歩くと、痛みは軽減する状態。


a0050348_19504196.jpg9回目の休憩。
19時47分。
58038歩。

まだ若干の余裕があり、大腿四頭筋が痛むとか、下腿三頭筋がやばいとか、個別の筋の痛みを訴える状態。

休憩の多くはコンビニの駐車場などが多く、吹き付ける海風の中、じっとしているとちょっと寒さを感じる。

a0050348_2064396.jpg当然、休憩ごとの30回の腕立ては続いてます。

a0050348_2081344.jpg12回目の休憩。
23時9分。
74048歩。

休憩の締めに、3人でリポDで乾杯。
飲み干した直後から、3人とも奥歯をガチガチ鳴らせて震えだす。
一気に気温が下がったように感じられる。

あまりの寒さに歩き出すと、今度はこわばった下肢の筋肉が激しく痛む。

休憩したいけど、休憩後の苦しみを思うと、休憩したくない。


a0050348_19581783.jpg15回目の休憩。
2時5分。
90002歩。

やかんの左膝に激痛が。
もともと柔道をしてた頃から、膝に水がたまりやすかったらしく、今回も左膝に腫脹が…

小生は、気をつけていたはずの足の指、左右の母指と小指に水ぶくれができて、1歩踏み出すごとに激しく痛みはじめる。

包丁の背の部分を踏みしめながら歩いてる、って感じかな。
いや、オーバーじゃなくて。
まじで。


小生とやっくんは足部、やかんは左膝。
あまりの痛さと疲労で、歩行中の会話はほとんど無し。

こんな時はね、やっぱり歌ですよ。
『若者たち』を3人で輪唱しながら歩きました。

君のゆく道は果てしなく遠い 
    だのになぜ歯をくいしばり 君は行くのか そんなにしてまで


もうね、この状況で、この歌以外に無いでしょ?
輪唱なんて、中学校の音楽の授業以来やったわ。
結構ええもんやね。


70kmをすぎたあたりで、小生のなかではほぼ体力を使い果たしたような感じになりました。
膝の裏側の筋肉がしびれるように痛み出し、膝を伸ばして歩くことができない。
ストライドがものすごく短縮されて、50分あるいても3kmも進まないように。

a0050348_20392772.jpgでもね、ものすごく遠くにかすんでいた室戸岬が、ちょっとずつちょっとずつ近づいてくるんです。


そして、ついに。
ついについに。

岬のさきっちょが見えてきて。
a0050348_2041125.jpg


午前7時20分に到着しました。
85kmを117339歩で。
その間、やかんの腕立ては510回。


歩きながら、ずーーーーーーっと考えてたんです。
これだけ辛い思いをして、ついに中岡慎太郎像を目にしたとき、自分は何を思うんやろう、って。


最後のカーブを曲がって、朝日にきらめく慎太郎像が目にとびこんできたその瞬間。



『あ、やっと終わりや』って。


…ただ、それだけ。
ほんとに、それだけしか浮かんでこなかったです。




a0050348_20465773.jpgでもね、慎太郎像の前で、靴をぬいで、靴下を脱いで、テーピングを剥がして。

おそらく表面温度40℃はあると思われるアツアツの足底をマッサージしながら思ったのは、
『自分で自分の限界を勝手に設定したらあかん』
ってことです。


こんなおもろい奴らと、極限に近い経験をできて、最高でした。
やかん、やっくん、どうもありがとう。
a0050348_2051930.jpg



↓ランキングも、今が限界だとは思わない。
by tomokin_koharu | 2006-11-02 21:09 | 旅行記

博多旅行記・飛行機のこと

小生は大阪→岡山→高知と、徐々に居住する都市のサイズを縮小する人生を送っておるわけですが、高知に来てホントにびっくりしたこと。

高知発着の飛行機は、プロペラ機がほとんどなんです。
みなさん、プロペラ機って乗ったことあります?
あれ、機内がめっちゃうるさいんですよ。
ブーーーーーーーーーーーーン…って。
ジェット機にしか乗ったこと無い人には絶対わからんと思う。
上品ぶってるキャビンアテンダントの声なんて、なかなか聞こえない。
まあ、聞こえないそぶりをすると、美人が耳元まで顔を近づけて話してくれるので、それはそれでありなんやけど。
a0050348_2118236.jpg
で、高知⇔福岡便も、やっぱりプロペラ機です。
あ!でもね。ついに今年の9月、YS‐11が引退するらしいですよ。

小生は別に航空機マニアでもなんでもないので、YS‐11が無くなろうが、惜別の思いはこれっぽっちもありませんが。
やっぱりもうなくなると思えば、やっぱそれはそれで何となく、感慨深いものがありました。


そうそう、亮介氏は普段、自動車を眺めるのが大好きで、ぐずっててもとりあえず道端に連れてけば泣き止むんです。
だから、きっと飛行機を見たら大喜びだろうと思ってたんですが…
a0050348_2125819.jpg
これ、福岡空港の展望デッキ。
飛行機の離陸って、なんか理由はよくわからんけど、見てて面白い。
でも亮介氏は、あんまり興味無い様子でしたね。

目線は飛行機より、空港内を走ってるトラックを追っかけてました。



↓あ、ひとつよろしく。

by tomokin_koharu | 2006-06-20 21:29 | 旅行記

博多旅行記・ラーメンのこと

やっぱ博多といえばラーメンでしょ!
1泊2日の限られた食事回数の中で、どこのラーメンを食すか、いろいろ情報を集めました。
で、初日のお昼に一風堂、2日目のお昼に秀ちゃんラーメンを食べました。

一風堂は、小生の強い希望で。
学生時代、よくコンビニで一風堂のカップ麺を食ってたんですよ。
まあ全国展開してますけど、やっぱり本店で食べてみたいですよね。
a0050348_21345573.jpg…というわけで一風堂 大名本店へ。


a0050348_21355688.jpg嫁さんは、本店でしか食べられないという『かさね味』を。
小生は学生時代を思い出して(…といっても本物を食べるのは初めてなんやけど)白丸で。

…これは、やっぱり文句なしにうまかった。
ラーメン食べながら、天一のことを考えなかったのは久しぶりの体験。


a0050348_2138998.jpg
ものすごいチャキチャキしたお姉さん(ということにしておこう)が、亮介を抱っこしててくれて、嫁さんもゆっくり食べられたようで。

見てくださいこの嫁さんの満足気な表情。
本人曰く『亮介の存在を忘れるくらいおいしかった』そうです。




2日目が、こってり派に絶大な支持を受けているという秀ちゃんラーメンへ。
店内には有名人のサインが大量に貼ってありました。
a0050348_21411679.jpgあ…SAMと安室奈美恵は、別れてもサインだけはこうやって離れずにいるんだね。



a0050348_2145998.jpgそうか…ナガブチがうまいっていうんだから、きっとうまいよ。
m.c.A.Tもうまいっていうんだから、間違いないよ!


a0050348_21462691.jpg…と期待しまくりでしたけど、正直我々の口には合わなかったようで。

うーん、ただギトギトしてるだけっていうか…
近所にあっても、行かんかな。

小生が珍しく替え玉をしませんでした。
期待しすぎてたんやろか?







↓おかわりは要らない。1日1回だけでよい。

by tomokin_koharu | 2006-06-20 21:28 | 旅行記

博多旅行記・トイレのこと

a0050348_21561095.jpg旅行に来て、困ったこと。
おまるが無い!
で、亮介はやはり決まったような時間にウンウンと言い出します。

旅行の時くらい、トイレットコミュニケーションはよかろう、と思いつつ…
初日の夕方、時間があったもんで、亮介を部屋のトイレに。

しかし今までおまるでしか排泄の練習をしてないもので、こっちも座らせ方が慣れていません。
で、亮介のポコチンが上向いたまま便座に座らせてしまったもので、亮介のおしっこは見事に放物線を描いて小生のパンツを直撃。


小生、31にして、パンツの前面をおしっこでぐっしょり。
で、亮介を支えてるもんだから、仕方なく嫁さんに濡れたパンツをティッシュで拭いてもらいました。

ムスコのおしっことはいえ、パンツを汚してしまって、それを嫁さんに拭いてもらう…

それはそれで、なんか妙に興奮するシチュエーションでした。

写真は本日朝の様子。
しっかり抱えて、この後大量の排便に成功。


↓ま、ムスコのおしっこをパンツでキャッチした時、これはこれで、トイレットコミュニケーションやな、と。
それはそれとして、押して欲しいぞ、と。

by tomokin_koharu | 2006-06-20 21:27 | 旅行記

博多旅行記・動物園のこと

a0050348_2275210.jpg2日目に、福岡市動物園に行ってきました。
高知の動物園は、ちょっとしょぼくて、ライオンとかゾウとかがいないんで、亮介に見せてやりたいと思いまして。
福岡市の動物園…なんか寂れてて、全体的にとても良い雰囲気でした。
まったりできた。

あ、あと気になったことがひとつ。
動物の名前がね、妙に吉本興業フレーバー漂わせてるんよね。


a0050348_2211630.jpgツキノワグマがダイスケ・ハナコだったり…


a0050348_22123744.jpgマレーグマが三枝師匠だったり…


a0050348_22132110.jpgキリンさんがきよし師匠だったり…


a0050348_22135614.jpgあ、たまには小生と嫁さんと亮介のスリーショットも載せときます。















↓あ、わかってるよ。この記事、全体的にベタやったよね。

by tomokin_koharu | 2006-06-20 21:26 | 旅行記

福岡に行ってきます(育休まであと12日)

嫁さんの大学時代からの親友で、現在助産師養成校で勉強をしてるのんのん氏に逢うため、1泊2日で福岡に行ってきます。
亮介にとっては初めての飛行機旅でいろいろ不安もありますが…

詳細は明日!

↓クリックは今!

by tomokin_koharu | 2006-06-19 08:40 | 旅行記